花咲ガニ

花咲ガニとは?

「花咲ガニ」という名称を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際にどんなカニなのかを説明できる人はそれほど多くないのではないでしょうか?

 

その「花咲ガニ」ですが、実は「タラバガニ」の一種なのです。その名称からもイメージできるように、ゆでると花が咲いたように紅くなります。

 

北海道の釧路や根室に限って水揚げされるカニです。漁が行われるのは、水産資源保護のために規制がかかっており、釧路は3月〜7月の間、根室が7月〜9月の間と、一定期間に制限されています。

 

このうち、「根室」での水揚げが、花咲ガニ水揚げ量全体の80%を占めるといわれています。前述のとおり「根室」での漁獲期は約3か月間と短いことから、花咲ガニは「幻の蟹」とも呼ばれていて、とても貴重なカニとしても有名です。

 

「花咲ガニ」の特徴ですが、身には独得な甘みと風味があります。特に、メスの内子(卵巣)は、ウニに似た濃厚な旨みがあり、人気があります。さらに、カニミソも、その内子と同様な濃厚な味なので、カニミソに目がない人には、花咲ガニはたまらないでしょう。

 

デメリットを上げるとすれば、花咲ガニの甲羅がけっこう硬いということ、それから尖ったトゲが全身にあるため少々食べにくいということでしょうか。

 

また、一般に出回っている花咲ガニの中には、身の入りがほとんどないようなものもあるようです。ですので、購入する際には、信頼できる販売店や産地直送にこだわって慎重にお店を選んだ方がよいでしょう。または、花咲ガニの漁の時期に、水揚げされている港周辺で、口コミ等で評判のカニ専門店を探してみるのもよいでしょう。

 

花咲ガニは漁獲量そのものが少ないので、満足行くカニに出会うのは少々難しいかもしれません。ただ、もしも美味しい花咲ガニを確実に食べたいということであれば、根室で開催される「根室かに祭り」に参加するという手があります。これが一番のオススメです。毎年9月に開催されています。

 

関連ページ

タラバガニ
たらばガニ(タラバガニ)は、日本では「カニの王様」とも呼ばれ人気カニの一つです。実は「ヤドカリ」の仲間。よく似た「アブラガニ」と間違えないようにしましょう。
ズワイガニ
ズワイガニ(ずわいがに)は細長く繊細な身ですが、独特の甘みがあり人気のカニです。「本ズワイガニ」「大ズワイガニ」「紅ズワイガニ」「越前ガニ」「松葉ガニ」と呼ばれることも。その相違点なども説明しまう。