ズワイガニ

ズワイガニとは?

「ズワイガニ(ずわいガニ)」も人気のあるカニですが、どんなカニでしょう?

 

ズワイガニの特徴としては、身が繊細であること、そしてカニ独特の甘みをし〜っかりと味わえるところでしょう。カニが持っている本来の美味しさを、じっくりとたっぷり味わいながら食べたい時にオススメです。

 

ズワイガニには種類があります。たとえば、「本ズワイガニ」、「大ズワイガニ」、「紅ズワイガニ」です。こういった種類での表記も見かけたことがあるのではないでしょうか。

 

このうち、「本ズワイガニ」は水揚げされた地域によってブランド名が付けられていて、「松葉ガニ」や「越前ガニ」と呼ばれることも多いようです。

 

「大ズワイガニ」は、日本で流通しているものは、アラスカ沿岸域、ロシアのベーリング海、オホーツク地方で水揚げされたカニが多いです。

 

身の大きさでいうと「大ズワイガニ」の方が食べ応えがあります。ですが、甘みの強さであれば「本ズワイガニ」の方が上でしょう。

 

なお、「紅ズワイガニ」をご存じでしたか?「紅ズワイガニ」は、「本ズワイガニ」と比べられることも多いのですが、お味や身入りが劣るといわれています。ですが、その分、多くは低価格で売られているようです。

 

 

日本で「ズワイガニ」という場合は、大抵は「本ズワイガニ」のことを指しています。タラバガニとともに大人気です。

 

絶対に美味しい「本ズワイガニ」を食べたいのであれば、値段は少々お高くなってしまいますが、証明された色つきタグを付けたブランドガニを選びまよう。これなら、確実においしいズワイガニを食べられると思いますよ。

 

関連ページ

タラバガニ
たらばガニ(タラバガニ)は、日本では「カニの王様」とも呼ばれ人気カニの一つです。実は「ヤドカリ」の仲間。よく似た「アブラガニ」と間違えないようにしましょう。
花咲ガニ
花咲ガニはタラバガニの一種です。茹でると花が咲いたように紅色になり、独特な風味と甘味、濃厚なメスの内子やカニミソが人気です。釧路や根室に限って水揚げされ、漁獲期も短いため「幻のカニ」と言われています。